市販薬・医療用具

N95マスクのあれこれ。

最近、マスク関連のPR(プレスリリース)執筆依頼が来た。
マスクが足りない足りないと、連日ニュースで報道されている真っただ中でのご依頼。

コロナによって需要が急増したマスク。これをチャンスとばかりに、わずかな隙間に差し込むよう色々なビジネスがひしめく。プロダクトもサービスも玉石混交となっているのがかなり不安だ。

その中で石コロとなる記事を書くのは忍びないなとは思っていたが、依頼内容を見ると本当に必要とされている製品だったので、爆速で納品した(1日)。

自分としても新しい気づきがあったので、シェアします。

まず、N95マスクの名称。

最近メディアでコロナ対策で良く耳にするマスクだが、元々は製造や建設現場の防塵マスクとして使用されていた。最近になって、ウイルス粒子を防ぐことができる効果に目を付け、主に医療従事者が空気感染の恐れがある医療行為を行う場合に使われる。

でも、なに、このN95って名前。
なんとなく凄みを増すためにわざと?
それとも何かを示すための表示なの?

——由来、ばっちりありました。
N95というのは、マスクの商品名ではなく、アメリカの研究所で定められた規格を指している。
つまり、アメリカ基準に合格したマスクだけがN95マスクを名乗れるのである。

次にN95のNとは??

ここで使われているNは、”Not resistant to oil”の頭文字で、油に対する耐性が無いことを示す。こちらも製造業で油を防ぐために使われていた名残だ。医療現場には油に対する耐性は必要ないので、Nシリーズのみが使われている。
N以外には、R(耐油性あり)、P(防油性あり[油によりマスクの効果が減退しない])がある。

そしてN95の95とは??

これは「直径約0.075マイクロメートルの粒子を95%以上通さないこと」が保証されていることを示す。

0.075マイクロメートルとは・・・?
小さすぎてわかりにくい。

一般的なライターが7.5センチメートル。
7.5センチメートル=75ミリメートル=75,000マイクロメートル
つまりライターの10万分の1の大きさ。おお・・・

インフルエンザウイルスやコロナウイルスの大きさが0.1マイクロメートル
0.075マイクロメートルが95%なら0.1マイクロメートルは95%よりもっと通さない。じゃあそれならウイルスを通さないための規格なのね、とはならないのがややこしい。

実は、粒子は空気中で不規則な形をしており、実際より大きいものとして考えて計算しなければならない。それを計算にいれると0.3マイクロメートルとなる。
つまり、実質的には「0.3マイクロメートルの粒子を95%以上通さないこと」となる。

ここで0.3マイクロメートル粒子が出てくるというのがポイント。
0.3マイクロメートルの粒子は、マスクで最もろ過が難しい大きさなのだ。

それ以上に大きい粒子はもちろん、小さい粒子もマスクは通さないのだ。だから0.3マイクロメートル粒子がどれだけ通過するのかの確認が必要となる。

インフルエンザウイルスやコロナウイルスの大きさが0.1マイクロメートルではあるが、もちろんウイルスも不規則系であるため、0.3マイクロメートルの大きさでも通らないようにしなくてはいけない。

0.3マイクロメートル粒子の95%以上を通さないことができたときに初めて、N95マスクを名乗ることができるのです。

また、N95マスクが不足したこともあり、KN95マスクを多く見かけるようになった。これは中国での基準を満たしているマスクなので、N95マスクとは少し異なる。
ただ、先日の厚生労働省から医療施設への連絡で、N95マスクの欠品への対応として、一時的にKN95マスクはN95マスクは同等であるとして使用することを推奨された
https://www.mhlw.go.jp/content/000621007.pdf
なので、医療者は上記の連絡を確認の上、対応して頂きたい。

ちなみに一般にドラッグストアで販売されているマスクで一番高性能なのは、サージカルマスク。BFE95%以上、という記載があればほとんど間違いないだろう。

サージカルマスクは感染者側が自分の唾液などの飛沫が他の人にかからないようにしたり、予防的観点では、何らかの原因によりウイルスが付いてしまった手で、無意識に口を触ったりしないようにして感染を防ぐ。

ちなみにBFE95%以上という基準は細菌(4〜5マイクロメートル)を95%以上通さないことを保証するものだ。
しかし、これではウイルスの多くは素通りしてしまうのではないかという疑問があがる。

ただ、感染者が咳をしたときのウイルスは、粒子の周りに水分を含んだ5マイクロメートルの飛沫になってるため、サージカルマスクで防ぐことができるのだ。

サージカルマスクを付けることに意味があるのだ。

時々、一般の方でもN95マスクを付けている人がいる。しかし、N95マスクはウイルス粒子をほとんど通さないくらいにとても目が細かい。着用するとかなり息苦しいなのに、どうしてそんなにガマンできるのだろうと思う。

もちろん一般の方がウイルスを防ぐためにはN95マスクは有用かも知れない。けれど、本当に必要なところに物資が行き届かないことからも医療崩壊は始まる。厳しい基準を満たす必要があることも相まって、医療者に行き渡るほどにさえ生産が追いついていないのだ。

基礎疾患があるかたや高齢者、またそのような方が同居人にいるかたはまだしも、それ以外の方は、自分がどういうマスクを付けるべきなのかを考えて見て欲しいと思います。